服を着ることは、自分のアイデアを表すこと★★★★★

錯視とコーディネートの関係・・・(*^▽^*)♪

錯視とコーディネートの関係・・・(*^▽^*)♪

(^^)/ 珍しく 数学的な観点 から
服のコーディネート を考えてみようかなぁと思います…( *´艸`)

この上下の図の横線は どちらが長い と感じますか?

( ※ 錯視のカタログ さんより 画像をお借りしました )

それでは これは?

DSC_00503.jpg

DSC_00493.jpg

答えは

横線も

黄色い丸も

腕の太さも

同じ大きさ (長さ 太さ) です(^^)/

これは 錯視  というものです・・・

この錯視、 意外と服のコーディネートのワザとして
使われているんですよ~!

例えば 図のように
袖幅の広い服にすると 腕が細く見える・・・とか

バッグを大きいものにすると 体が小さく見える・・・とか

靴を大きめのデザインや サイズにすると
体が華奢に見えたり
服を着た時のバランスが より良くなったりします♪

体の気になるところを 錯覚を使って 上手く見せれば
無理なく スッキリと オシャレを楽しめます!

ただ・・・

なんでもかんでも 『 Lサイズに走る 』 というのは ダメですよ~(≧▽≦)
自分に合った大きさが 必ずあります!
大きいものをゆったり着て やっぱり大きく見えちゃう事も ありますから・・・(^^ゞ

そこは 私達と一緒に 選んでいただければと思います(^O^)/
そのための はっぴぃえんど です♡

ちなみに 148cmの私は
声と態度で 大きく 見せています・・・

あ、

錯視と関係ないか・・・

アハッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up